男性

開業や移転時のオフィス配線はプロにお任せ

信用のためにも必要

会社

企業であれば、信用度の上で勝る固定電話を設置しておくことです。日本社会の風習では、固定電話の信用度が必要な場合もまだまだ残っているのが現実です。ビジネスの社会で、しっかりと活動できるように準備をしておくことです。

詳しく見る

意外と便利な家の電話

電話

固定電話は今では携帯電話が普及したことであまり需要が無くなりつつありますが、通話料金が携帯電話よりも安いことなどとメリットが多いです。料金も携帯電話やインターネットサービスと併用することでさらにお得に利用することが出来ます。

詳しく見る

緊急時にも安心

オフィス

災害に備えましょう

災害が発生した時に最も困るのは通信手段がないことです。過去の震災等をかんがみても多くの方が被災時に困ったことの一つに、携帯電話が全く通じず連絡する手段がなかったことと述べています。災害時には交通網や水道など様々なインフラ設備が機能不全となります。携帯電話の基地局も、被災や回線のパンクなどによって利用できなくなってしまうことは過去の災害の例からも避けられないことが分かります。このような状況に最も強いのが固定電話です。固定電話は無数に張り巡らされた回線網を使用しているため、一部が不通になったとしても速やかに他の回線に切り替えられ通話能力を維持することができます。たとえ一帯が停電となった時でも、従来の固定電話回線を利用した通話であれば回線を通して電気が供給されているので、携帯電話が不通となっている場合でも連絡手段として利用することができるのです。

簡単に契約できます

携帯電話が普及して以降、固定電話利用数は激減していると言われています。しかし災害時などの通信手段の確保を考えると固定電話の設置はとても重要です。大きな災害などが発生した時に家族や職場と連絡が取れなくなると、安否確認やその後の対応などにとても手間取ることになってしまいます。このような事態にもしっかりと対応できるように、家族全員が携帯電話を持っている場合でも固定電話サービスを利用することをおすすめします。固定電話の利用は簡単です。従来の回線がまだ使用できるのであれば、通信事業者に連絡すればすぐにでも回線を再使用することができます。回線そのものを引いていない場合でも、工事を行えば家を建てた後からでも回線を引くことができるので、すぐにでも固定電話を利用することができます。事務所の移転などで、電話回線やネット回線を新しく利用するときにはオフィス配線を専門に扱う業者に依頼しましょう。パソコンの移設やややこしいオフィス配線は素人が下手に触ると故障の原因にもなりかねません。そのため専門業者をおすすめします。

料金の安さと停電時の使用

オフィス

固定電話はスマホなどの携帯電話と比較すると、通話料金が安いというメリットがあります。また、アナログ回線にすると、災害時に停電しても使用することが可能です。しかし、携帯電話には持ち歩くことができるという利点があるので、自分に適した電話を選びましょう。

詳しく見る